首や肩のコリに「ジャスミン茶で作る葛湯」



肩コリにはジャスミン茶でつくる葛湯】

Stay Home 大事だけど、子どもに宿題をやらせて(これが格闘)、三食ごはんを作ると夕方には肩がバキバキ…。もちろん、ヨガやマッサージはいいのですが、ほっと一息つきたい時に、葛湯もおすすめです。葛湯って風邪の時に飲むものというイメージが強いですが、葛の根っこは「葛根」という漢方薬。薬膳でも“体の緊張をゆるめる”優秀な食材として考えられています。滞った気を巡らせる、ジャスミン茶との相性抜群です。今日は気分をあげたかったので、可愛いマイカイカ(ハマナスの花のつぼみ)をトッピング。マイカイカは血を巡らせるのが得意な食材です。本葛はスーパーでも買えるので、ぜひお試しください。

〇「ジャスミン茶の葛湯」
【薬膳の知恵・食材効能】
本葛粉:首や背中のこわばりをゆるめる。体を潤す
ジャスミン茶:気を巡らせ、体の余熱を取る

【材料】(1杯分)
吉野本葛粉 10g
ジャスミン茶葉 小さじ1
湯 湯のみ茶碗1杯分

【作り方】
1、湯を沸かし、ジャスミン茶を湯のみ茶碗1杯分作る
2、小鍋に本葛粉を入れて、少量の水で溶かす
3、本葛粉が溶けたら、少しずつ1のジャスミン茶を注ぐ
4、弱火にかけ、とろりと透き通るまでよく練り混ぜる

ネットでレシピ検索をすると、片栗粉などで代用する方法もあるようですが、このレシピは葛の働きに期待しているので、本葛粉を使っていただけるとうれしいです。また、妊娠中や授乳中、就寝前など、カフェインを控えたい場合は、ジャスミン茶の代わりに、黒糖を湯に溶かして、本葛粉に加えてみてください。甘くて、じんわりゆるみますよ。忙しい日が続いたり、気持ちが緊張しているな~と感じたりしたら、ぜひお試しください。


★★★★


季結び庵
村上華子

コメント