すぐできる!体がぐんと軽くなる、毎日の湿気対策



二十四節気で【夏至】
北半球では昼間が長く夜が短い時期。
そして梅雨の真っただ中ですね。
今、こんな症状ないですか?

・だるい
・やる気が起きない
・気が滅入る
・体が重い
・むくむ
・汗がべたつく
・体臭がきつい
・筋や関節の痛み
・傷の化膿
・腰痛
・頭が重い
・食欲不振
・下痢っぽい

これら「湿気負け」のサイン!
さらに、舌を見て苔の厚みが増していたら
湿気による水の代謝異常が起きています。
水の滞りは気と血の巡りの阻害も。
例えるなら、植物が根腐れするように
じわじわと心身にダメージを与えます。

★★★★

日本は海に囲まれた高温多湿の気候
365日湿気の影響を受けやすい環境にいます。
生活のなかでちょっとした事を
日々、気を付けるだけでも
体は水はけのよい軽やかな状態を
保つことができます。

薬膳の由来になっている
中医学が説く、湿気対策。

梅雨の時期に
意識したいこと

・冷たい飲食物や生ものを控える
・あっさりとした味付けの温かい食事を取る
・お風呂は湯船につかり全身を巡らせる
・お風呂上りはすぐにドライヤーで髪を乾かす
・汗や雨で服が濡れたらすぐに着替える
(特に下着は肌に密着しているので必ず!)
・なるべく洗濯物を部屋干ししない
(乾燥機が無いおうちもありますよね
サーキュレーターやエアコンを使って
しっかり空気を循環させる)
・ベッドに除湿マットを敷く

etc...

ポイントは
身のまわりの湿気を
増やさないこと!

そんなに難しいことではないですよね?
湿気対策は日々こつこつと。
水はけをよくすれば
元気に夏の体の準備が整います!

★★★★

薬膳とヨガ
季結び庵
村上華子









コメント