低気圧に弱い方へ


今日は冷たい花ちらしの雨。湿気と低温、おまけに低気圧の影響を受けやすい日になりそう。気圧の変動に弱い人にはしんどい日になりますね。低気圧はずばり、大気の圧力が弱い日。つまり、ゆるゆるの状態で空気密度が小さいから酸素量が少なく、高山病のように酸欠になりやすいのです。

ただでさえ、心身が緊張しやすく、呼吸が浅くなる日が続いています。思い出したときにため息をつくように、ふぅーーーっとゆっくり息を吐いてみましょう。『ため息は幸せが逃げる』なんて言われるけれど、大丈夫! ため息(長く息を吐くこと)は、自律神経の働きを回復させる自然な体の回復機能です。一説に、喫煙者は潜在的に長く息を吐きたいから、タバコを吸うのだという話しもあり。

薬膳の視点から。気圧の変動に弱い人は体に湿気が溜まっている場合が多いと考えます。水はけをよくする温かいはと麦茶や、消化を整えむくみを取るフェンネルシードを紅茶にいれるのもおすすめ。こういう日は無理をしないで早く寝ましょう。明日はあたたかい、晴れの日が待っているそうで



★★★★

季結び庵
村上華子


コメント