おうちヨガにおすすめ!簡単にリフレッシュできる「猫と牛のポーズ(キャット&カウ)」

こんな時こそおうちヨガ!
自粛生活、在宅ワークを乗り切ろう。


【ヨガの基本】
以前、掲載してもらったマイナビウーマンさんの記事「猫と牛のポーズ(キャット&カウ)」が再びツイッターに流れてきたので、私もシェア。きっとみなさんもおうちヨガ真っ盛りですよね。ポーズの効果とやり方を紹介します。リモートワークの気分転換にもぜひどうぞ!

デスクワークや家事が続くと、背中のコリやだるさを通り越し、体の痛みや食欲不振、内臓の働きの低下、気持ちの落ち込みも、なんていう不調を感じた経験はありませんか? 「猫と牛のポーズ」は深い呼吸を促し、緊張した背中をほぐすポーズ。座ったまま行える簡易版もあるので、お仕事や家事の合間にも気軽に行えます。

「猫と牛のポーズ」は、背中を丸める「猫のポーズ」と、背中を軽く反らせる「牛のポーズ」を交互に行う一連の動きがポーズになったもの。こわばった背骨をゆるめ、呼吸をしやすい体の状態を作っていきます。ヨガのクラスではウォーミングアップとしてもよく行われています。また、背骨は姿勢を支える柱であり、中枢神経・自律神経の通り道。背骨やその周辺の筋肉の動きが悪くなると、姿勢の悪さのみならず、内臓や自律神経の働きにも影響を及ぼします。このポーズを丁寧に行い、背骨にアプローチすることで、体のコリをほぐし、リラックスも深めてくことが可能に。今回は、ヒップアップにも効果的なバリエーションと、肩が痛い時の対処法併せてお伝えしていきます。

ポーズの詳しい手順やヒップアップのエクササイズなどは、マイナビウーマンさんの記事からご覧になってください。手順の写真もたくさん掲載されています。

「猫と牛のポーズ(キャット&カウ)」

この動きは、自律神経(交感神経と副交感神経)のうち特に、副交感神系(リラックスのスイッチ)をオンにします。内臓の働きは主に副交感神経が司っているので、消化を促し、緊張や過度なストレスが原因になっている便秘の改善にもおすすめです。自粛で不自由な生活が続きますが、ぜひとも毎日の習慣の一つに取り入れて、上手なリラックスをつくって下さい!



★★★★
季結び庵
村上華子



コメント